由紀かほる「憂国記」

日記もどき 最新作の情報等ゝ

バスの中は二〇人ほどだが、ノーマスクは此方のみ。車内放送で、相変わらず対策と称して、マスク、飲食と会話は禁止だとさ。 だから、ペットボトルに入れたナチュラルミネラルウォーターをグビリと飲んだのさ

 皇紀弐阡六百八拾弐年壱拾月五日

 七時起床。ヨガ。

 酵素玄米。自家製味噌を使った味噌汁。生姜佃煮。昆布佃煮。鮭。藁納豆オクラ葱大葉。

《女神たちの黄昏》(《美囚クロニクル【聖奴の十戒】》改題)第二幕、リライト中。ほぼ半ばまで来たか。

 昨日月イチのお出かけ。今回は土砂降りの中、車で出掛ける。ナカナカのスリル。帰りには自然食品の店で彼是と買込む。

 気温は其れでも二〇℃。

 そして、今日。最高気温十一℃。

 スチームを入れる。

 一昨日は久しぶりに坂下り散歩。バスで山の天辺近くまで行き、其処から只管下る。脚腰が鈍っているのが判る。

 もう二週間後にはお伊勢参りであるから、其れまでにもう少し鍛えないと。

 因みにバスの中は二〇人ほどだが、ノーマスクは此方のみ。車内放送で、相変わらず対策と称して、マスク、飲食と会話は禁止だとさ。

だから、ペットボトルに入れた重曹クエン酸を入れたナチュラルミネラルウォーターをグビリと飲んだのさ。

 先ほど、買物帰りに歩いていたら銀行の温度計一〇℃だった。

 サミーな。で、何故かハンバーグ。例の主婦さんのレシピを参考に。 

 本日も執筆出来たことに感謝。

 惟神霊幸倍坐世

 最新作、配信開始 

 👇

www.amazon.co.jp

本日《女神たちの黄昏》第一幕(《《美囚クロニクル【聖奴の十戒】》改題)配信開始。 続いて、第二幕執筆

 皇紀弐阡八百六拾弐年九月参拾日

 六時四拾五分起床。ヨガ。

 酵素玄米。藁納豆大葉長葱。ササゲ豆腐油揚げ生姜味噌汁。自家製佃煮。生姜佃煮。

本日《女神たちの黄昏》第一幕(《《美囚クロニクル【聖奴の十戒】》改題)配信開始。

 続いて、第二幕執筆。

Fight Against Shedding

 此処数日、痒みが手の甲付近、若しくは手首の近くに出るものの、其れより廣がらず、此の半年で最も穏やかに経過。

 現在の対処法。一日二錠のビタミンCサプリメント。タウロミン。天然ヨモギ茶。入浴剤にドクダミソウ―こんな処である。

 普段から公共交通機関等はあまり利用せずに、人混みの中はスーパーでの買物くらいなものである。其の影響もあるかもしれない。

 さらにヨモギ茶を続けて一月ほど経過したことで、その効用が顕れたのかもしれない。

 午後、好天の中、水天宮に参拝。此の時期としては相当に気温が高い。来週の火曜日に雨で、其の後、一気に秋になる―らしい。

 帰り道、階段脇に生い茂るクマザサを見掛け、少し採取。

 今日は鶏肉と筍の味噌煮。新たに造った生姜佃煮。余り食材で肉野菜炒めで、一杯やろうか。

 本日も執筆出来たことに感謝。

 惟神霊幸倍坐世

 最新作、配信開始 

 👇

www.amazon.co.jp

Coming Soon 最新作《女神たちの黄昏 第一幕》アマゾン・キンドル版 初版2000年スナイパー・ノベルズ《美囚クロニクル【聖奴の十戒】》を20年ぶりにリライト

 皇紀弐阡八百六拾弐年九月弐拾九日

 七時起床。ヨガ。

 酵素玄米。藁納豆大葉。生姜佃煮。豆腐ささげ韮生姜味噌汁。

《女神たちの黄昏》第一幕(《《美囚クロニクル【聖奴の十戒】》改題)間もなく配信開始です。

 本日も執筆出来たことに感謝。

 惟神霊幸倍坐世

 最新作、配信開始 Coming Soon

 👇

www.amazon.co.jp

未だでっかいマスクして、この糞暑い中を歩く酔狂な者どもが圧倒的だ。 莫迦な政府が国葬でも、来賓にマスクを強要。底なしのトンマとしか云いようがない。もう救えないだろう

 皇紀弐阡八百六拾弐年九月弐拾八日

 六時五拾分起床。ヨガ。

 酵素玄米。豆腐油揚げ生姜味噌汁。藁納豆オクラ、大葉、葱。大根おろし縮緬。大根菜っ葉。自家製佃煮。ポテトサラダ。

《女神たちの黄昏》第二幕《《美囚クロニクル【聖奴の十戒】》改題)。時間を置いてから、と思っていながら、ついつい加筆していく。

 来月のお伊勢参り。新幹線の予約を試みる。今年の五月、スマートEXで美事に空振りしたので、慎重に行う。別にえきねっと―と云うサイトがあり、此方も登録してある。このえきねっと、フィッシングサイトが横行して、此方の迷惑メールにも度ゝ、送られてくる。

其れだけに、躊躇ったが、現在の仕事部屋のある地域からはネットでなければ予約が出来ない。さらに、JR東海はコンビニ決済が出来ない。クレジットカードのみである。イヤだな―と思いつつ、予約を敢行。カードでの決済の画面。パスワードなんかを入れていくが、何故か画面が変って、元に戻る。何だろう―と不安になりつつ、ネットでの詐欺の例などを、もう一度見直してみたり。

 やはりスマートにするか―等と思ったが、此方も最後はカード決済となるのは同じである。で、もう一度えきねっとでチャレンジ。矢張り、駄目。ちょっとヤバイと思い、銀行に連絡を入れる。確かに、支払いの形になっているが、実は5月の一件があって、最後の処でロックしてある―と云う。其れを解除するので、三〇分ほど置いてからもう一度やり直して欲しいと云われる。へえ―と思い、買物から戻ってから、再チャレンジ。上手くいった。

 今回はJRのカードと銀行のカードとの紐付けはせずに、当日乗り場の券売機か窓口で、チケットを享け取る形にした。

 ナカナカにてーへんなのだ。

 天気良し。お伊勢参りに備えて、毎日の散歩は欠かせねえぜ―ってことで、自然食品の店まで三〇分以上掛けて向かう。坂の上である。彼是と買って、帰りにスーパーの魚売り場を覘く。朝取れたっつう鯣烏賊をゲット。

 かなり汗を掻く。何人かのノーマスクとすれ違う。其れでも、未だでっかいマスクして、この糞暑い中を歩く酔狂な者どもが圧倒的だ。

 そりゃそうだな。莫迦な政府が国葬でも、来賓にマスクを強要。底なしのトンマとしか云いようがない。もう救えないだろう。ずっと着けてればいいぞ。

 今日はボタン海老、蛸、烏賊の刺身。一部フライ。鯵の干物なんぞを頂く。ビールはイネディットつうスペインのヤツ。安売りで買った。序に牛蒡の唐揚げでも造るかな。 

 本日も執筆出来たことに感謝。

 惟神霊幸倍坐世

 最新作、予約開始です

 👇

www.amazon.co.jp

あの界隈では莫迦どもが騒いでるらしい。テレビも勿論点けず、唯、しめやかに黙祷を捧げるのみ。

 皇紀弐阡八百六拾弐年九月弐拾七日

 

 あの界隈では莫迦どもが騒いでるらしい。

 テレビも勿論点けず、唯、しめやかに黙祷を捧げるのみ。

 本日も執筆出来たことに感謝。

 惟神霊幸倍坐世 

観光シーズンなのか、其れらしき人ゝが少なくない。皆マスクだが。暑苦しいのに、何も感じないのか。痩せ我慢か―何れにしても、相当に末期だと思うぞ

 皇紀弐阡八百六拾弐年九月弐拾六日

 六時五拾分起床。ヨガ。

 酵素玄米。茶殻昆布佃煮。藁納豆葱大葉オクラ。春菊油揚げ生姜味噌汁。

《女神たちの黄昏》第一幕(《美囚クロニクル【聖奴の十戒】》改題)既に、アマゾン・キンドルより予約開始。引続き二幕をリライト。其処でふと気になる点が。一つは《ガムテープ》と云う表現。此方が書いた際のイメージとしては、紙ではなく布テープのつもりだった。しかし、ガムテープでは紙テープに取られてしまうだろう―と云う訳で、修正を行った。さらに、美咲を捕えた際の相手のオトコも、やや曖昧な人物描写に終始しているのが気になった。一人はキツネ目で、前歯が一本欠けているとあるが、もう一人は唯《若者》とあるだけである。さらに《若者》と云う表現も、最近ではほとんど使わないようにしている。詳細は省くが、此れも手直ししてみた。

 と云う訳で、午前中から修正に取り掛る。

 昼飯に自家製中華麺の醤油拉麺を食べ、さらにもう一度、テキストからチェックを行う。ちょっと遣り方が回りクドかったが、ようやく午後二時過ぎに終了。序に、表紙画像も別ヴァージョンに切替えた。

 既に予約が開始になり、配信日が決っているために、本日のグリニッジ時刻午後壱拾壱時五拾九分が〆切となっている―其のことに、コンテンツの編集を行い始めた処で気づいた。何だか、久しぶりに〆切に追われた感じだった。

 当時は脱稿の後は心地よい虚脱感―と云うものを味わったが、近頃は〆切がない分、そう云う感興もなくなった。其れに、本作の場合は先が長い。未だ未だ此れからである。

 天気良し。脚を伸ばして散歩がてらに遠くのスーパーへ。来月のお伊勢参りのためにも、鈍った脚腰を鍛えつつ。秘かにフライ用の鯵を狙っていたら、替りに鰯が。さらにワカサギも。帰りは遠回りをして帰宅。観光シーズンなのか、其れらしき人ゝが少なくない。皆マスクだが。暑苦しいのに、何も感じないのか。痩せ我慢か―何れにしても、相当に末期だと思うぞ。

 本日も執筆出来たことに感謝。

 惟神霊幸倍坐世

 最新作、予約開始です

 👇

www.amazon.co.jp

《女神たちの黄昏》《《美囚クロニクル【聖奴の十戒】》改題)第二幕。ヒロインは若菜美咲。恐らく数多いヒロインの中にあっても、特に思い入れの勁い一人である。今再読しても、其の気持ちの入り方が違うと判る

 皇紀弐阡八百六拾弐年九月弐拾五日

 六時四拾五分起床。ヨガ。

 酵素玄米。南瓜春菊生姜味噌汁。藁納豆オクラ大葉。茶殻、昆布佃煮。大根菜っ葉。

 ヘンリー・ミラー《南回帰線》パラパラと読み進む。結局、講談社版を続けて読んでいる。一箇所、誤植を発見。《スコップ》を《コップ》と表記。

 改めて、活字の小さいのに驚く。自炊本にしなければ、読むのは相当にシンドイだろうし、多分、手は伸びなかったに違いない。

 再読だと思っていたが、ほとんど内容を覚えていない。或いは、途中で挫折したのかもしれない。

《女神たちの黄昏》《《美囚クロニクル【聖奴の十戒】》改題)第二幕。少し時間を開けてから取り掛かろう―と思っていたが、少しずつ加筆を行う。ヒロインは若菜美咲。恐らく数多いヒロインの中にあっても、特に思い入れの勁い一人である。今再読しても、其の気持ちの入り方が違うと判る。其れでも、さらに書込みが出来よう。此処は態勢を整えてから、じっくりと取り組みたい。

 本日、古い友人が四九日の法要で帰郷。其の序に此方へやって来ると云う。てな訳で、近頃定番になって手作りピザ生地と無農薬トマトソースで、出迎えることに。更に、何時ものちょい若い、いや、十分にワケー女子二人も参加。

 鶏手羽の唐揚げ。地元で取れた平目の刺身、っつうメニューでどうであろう。

 本日も執筆出来たことに感謝。

 惟神霊幸倍坐世

 最新作、予約開始です

 👇

www.amazon.co.jp