由紀かほる「憂国記」

日記もどき 最新作の情報等ゝ

七時過ぎ、庭に通じる雨戸を閉めようと、サッシのガラス戸を明けた。深い藍色の空には、月が煌ゝと赫いていた。まるで「また来いよ」と、咲っているように見えた

    皇紀弐阡八百六拾弐五月壱拾参日

 七時起床。ヨガもどき。

 酵素玄米。豆腐韮生姜味噌汁。大根おろし縮緬

《おんなキャビンクルー【魔婬】》サードステージを今日も書き進める。

 たどり着けなかったお伊勢参り其の後。

 昨日、JRの新幹線の止る駅まで再び出掛ける。駅員さんから貰った払戻の紙切れは一年間有効とあるが、ま、早い方がいい。天気予報は金曜日から烈しい雨と云っているし。

 切符売場へ行く。然程混んではいなかった。

    すぐに噺が通じると思ったが、そうではなかった。昨日の状況を改めて説明。窓口の人では判らずに、黒っぽい制服姿の三〇代と思しき人に相談して、彼是を調べ始める。登録のID番号を聴かれるが、ガラケーの悲しさで、駄目なのだ。と思って、ふとファイヤーHDなら、と思ってメールを開く。接続からやり直さなくてはならない。其処でパスワードを訊ねられるが、すぐには思い出せない。携帯のメモを開いて調べてみたが、見当たらない。

   と思ったら、JRの番号がメモしてあった。担当者二人は壁の奥に入って戻って来ない。其のうちに、背後には五、六人の客が並び出している。窓口は三つだが、混んできたらしい。マジーな、と思って、隣の窓口の担当者の手が空いた隙を見て、ID番号が判ったと伝えて欲しいと頼む。立上って、壁の向こうに声を掛けたら、どうやら此方の名前から割り出せたようだ。さらに待つ。ようやく二人が来て、払戻を電話で依頼するように云われる。其の番号は昨日、登録出来ずに問い合わせた番号だと判る。

「此方から説明しておいたので、すぐに判ると思います」

 親切なニーチャンであった。で、引き返す。

此れだけで二〇分を費やした。

 行き帰りとも、運良く快速に乗れた。空は雨が降ったり止んだり。自然食品の店に貌を出し、彼是買い、スーパーに寄って帰宅。午後二時過ぎだ。早速、スマートEXの番号に掛けてみる。

 女性の担当者にまた同様の説明をする。

「もう払戻はお済みになったんでしょうか」

「いえ、未だですよ」

「ちょっと調べてみますので、お待ち下さい」

 と云われ、待つ。数分待つ。因みに二〇秒一〇円の料金である。やがて、繋がる。

「今回の駅での対応は本来は行わないものです。本来は此方に連絡を頂いて、手続きはすべて此処からするシステムになっております。ですので、次回からは―」云ゝ。

 つまり、一昨日の新幹線乗場での駅員の対応は間違っていたらしいのだ。本来は其のまま自宅へ戻り、電話で対応を申し込むことで、払戻が可能だったのである。わざわざ二日続けて新幹線乗場まで出掛ける必要はなかったのだ―

 妙な気分だった。あのときの駅員さんの対応は、此方には有難かった。アドヴァイスを貰わなければ、さらに困惑していたことだろう。気持ちはお伊勢参りに行けるか、行けないかのギリギリの状態にあった。駅員さんとしては精一杯の対応をしてくれたと思うし。また此方としても、其れに従ったのは、矢張り已むを得ない選択だった―と思っている。

 数分後、払戻が完了したと云うメールが届いた。

 余談を二つ。一昨日、仕事場にいる身内に電話で、此の顛末を報告した。身内は其の日、一〇年来の知人が、二年前、隣町で美容室を開業したので、初めてカットに行く予定になっていた。処が、知人の父親が亡くなり、お通夜に行くので、美容室へは行けなくなってしまった―

 夜、手作り餃子の皮で餃子を灼いて、ビールを飲んだ。七時過ぎ、庭に通じる雨戸を閉めようと、サッシのガラス戸を明けた。深い藍色の空には、月が煌ゝと赫いていた。まるで、

「また来いよ」

 と、咲っているように見えた。

 本日も執筆出来たことに感謝

 惟神霊幸倍坐世

   最新作「おんなキャビンクルー【魔婬】Second Stage 由紀かほるオリジナル・コレクション」

👇

https://www.amazon.co.jp/dp/B09VB2TSY1

既刊&アップデート作は此方から👇

 

 

本日は午後九時の帰宅予定であった。が、午前一〇時には自宅に戻っていたのであった。何故か―伊勢にたどり着けなかったからであった。何故か―

 皇紀弐阡八百六拾弐五月壱拾壱日

   続き。

 本日は午後九時の帰宅予定であった。が、午前一〇時には自宅に戻っていたのであった。何故か―伊勢にたどり着けなかったからであった。

 何故か―ICカードで新幹線に乗換ようとして、改札口を通ろうとしたら、赤ランプが点滅。あれゝ?すぐに若い駅員さんがやって来て、此れは登録されているのと違うカードではありませんか?と訊ねてくる。いや、そんなことはないはずだけど。では、スマホで確認して下さい―が、此方ガラケーである。其れでも、時間がない中、ガラケーでネットに繋いで調べてみる。が、繋がりが悪すぎて噺にならない。此のままだと、新幹線が此処へ来て出発した時点で、指定席分は引き落とされて、払い戻しは出来なくなります―と云われたが、施しようがない。

 名古屋まで今日は新幹線で往復する予定なのだ。さらに彼是対処方を聴いてみる。

 此の時点で、伊勢行きはほぼ諦めていた。

 まずカードのスイカであるが、これは四月に古くなったのを新しく発行し直して貰った。すぐに、ネットを使って登録番号の変更を行った。さらに紐づけされた銀行のカードも、ひと月前ハッキング未遂に会い、新しいカードに替え、すぐに登録を行った。すべて此の日のためである。

 が、自動改札機で撥ねられた。理由は不明。若い駅員さんは親身になって対応してくれた。もっといい方法がないか、調べて来ますと云って、一旦事務所に下がり、数分して戻ってきた。紙切れを渡され、パソコンで登録の情報をもう一度確認して下さい。それから、この紙を新幹線の駅に持って行けば、全額払い戻し出来ます。但し、手数料が各三二〇円かかります ―「どうも有難う、助かりました」

 再び、空いたJRに乗って引き返すことに。

 落胆と困惑の混じった妙な気分だった。此の日のために準備していた諸ゝのことが、すべて無駄になった。昼と夜の分の握り飯もだ。

 いや、明日があるだろう―と自らを鼓舞するが、さっぱり気が乗らない。家に帰れば、気分も変ろう―そう思って、自宅に戻って、早速パソコンから登録情報をチェック。

 或いは銀行のカードの情報を更新していなかったのかもしれない―と思っていたのだが、実はスイカの情報が古いカードの番号になっていた。あれ?記憶違いか―半ば苦笑しながら、新しい番号に書き換える。此れで問題解決―一安心したが、明日の新幹線の空席等を調べようとして、再度ログインすると、何故かスイカの番号が古いものに戻っているのである。同じことを三回くり返したが、駄目である。

 原因をネットで検索。其処で初めて、カード番号を記入して、OKボタンをクリックするのだが、実は其の後にも、変更を決定するOKボタンが表示されるのだ。が、此方のパソコンの何処にもない。困った。ちょっとこんがらがってきたので、電話で問い合わせてみる。

 女性の担当者に事情を説明。で、もう一度ログインからやり直していく。矢張り最後のOKボタンがない。担当者も不思議がる。「ひょっとして、其れはエクスプローラーで開かれていますか」と云うので、「いや、ファイヤーフォックスですけど」「では、エクスプローラーでやってみて下さい」「グーグルでもいいかな?」「いいです。大丈夫だと思います」「有難う。やってみます」

 で、やってみた。OKボタンが出てきた。解決した。

 明日、明後日、行けないことはない。が、天気予報を見ると、今度こそ雨一〇〇%と表示されている。今日なら、どんな雨だろうと向かう気持ちになっていたが、今となっては其の意欲が湧いてこない。

 もう一つ。弁当と水。さらにファイヤーHD、雨具、薄手の防水ジャケットを詰めたリュックはナカナカに重かった。

 昼飯を近鉄の中で食べるにしても、月夜見宮でご寄進すれば、神饌を頂いて、其れを背負って外宮、内宮、猿田彦神社月讀宮を回らなければならない―出来ないこたあないだろう。そう、今日なら何が何でも遣り遂げただろう。が、今、そう云う意欲は見つからない。

 こんな日は突然与えられた滅多にない休日のようなものだ―と云うことにして、好き勝手しよう。

 家の周りの雑草が元気だ。此れから草むしりだ。全然、好きじゃないけどな。 

 そして《おんなキャビンクルー【魔婬】》サードステージを執筆していく。此れは好きだ。

 さっきは餃子の皮を仕込んだ。此れも嫌いじゃない。

 草むしりしたら汗を掻くだろう。シャワーを浴びたら、ビールを飲もう。すべてのことに感謝しながら。

 お伊勢参りは一〇月に延期したようだ。

 惟神霊幸倍坐世

  

最新作「おんなキャビンクルー【魔婬】Second Stage 由紀かほるオリジナル・コレクション」

👇

https://www.amazon.co.jp/dp/B09VB2TSY1

既刊&アップデート作は此方から👇

 

今日今年初めてのお伊勢参りに行けることに感謝。車中では読みかけの《仮面の告白》をお供に。食事はすべて自前のおにぎりだ

   皇紀弐阡八百六拾弐五月壱拾壱日

 六時起床。ヨガモドキ。

 酵素玄米。茶殻。韮生姜味噌汁。大根おろしイリコ。

 扨、間もなく伊勢に向けて出発。

 おや、天気予報が外れて、お天道様が。

 アチラは雨らしいが、果たして。

 今日今年初めてのお伊勢参りに行けることに感謝。

 車中では読みかけの《仮面の告白》をお供に。

 食事はすべて自前のおにぎりだ。

 帰宅は夜九時かなあ。

 惟神霊幸倍坐世

  最新作「おんなキャビンクルー【魔婬】Second Stage 由紀かほるオリジナル・コレクション」

👇

https://www.amazon.co.jp/dp/B09VB2TSY1

既刊&アップデート作は此方から👇

 

明日は朝からお伊勢参り。初めての日帰りである。しっかりと雨の予報であるが、神宮の雨はお浄めの印である、らしいのだ。此れでシェディングも―

   皇紀弐阡八百六拾弐五月九日

 六時半起床。ヨガもどき。

 酵素玄米。韮生姜味噌汁。藁納豆。茶殻。鮭。

 昨日はイベルメクチンを服用せずに寝たが、問題なし。朝方、少し痒み。手足の処ゝに僅かに帯状疱疹らしきモノ。

 昨日の夕方、犬の散歩の途中で、バンド仲間のKクンが、嫁さん、娘、犬二匹と貌を見せに来た。

 久しぶりである。後で思い出したら、今年初めてだった。最期が昨年のクリスマスのライブ。其の直後、年明けにベースマンが転勤になり、バンド活動は休止状態。

「ライブのときには参加するって云ってたんですけど、其れから連絡がないんで、ムリみたいです。誰かベースを捜してみますよ」

 とKクン談。

 既に個人的にはバンド活動は優先順位のかなり下に位置している。誘われなければ、このままフェイドアウトしていくだろうな。未だお呼びが掛るだけ有難い。

「今度、ダッチオーブンをやるときは誘って下さい」

 とニコヤカに別れた。

 半年前に比べて、頗る元気そうで、貌色もいいので安心した。また、家族と犬もいたせいか、ポジティブなオーラを感じたものだ。其れが帰省の前日だったことに、「あゝ、そう云うことか」と独りごちた。

 皇紀弐阡八百六拾弐年五月壱拾日

 六時四拾五分起床。ヨガもどき。

 酵素玄米。豆腐キャベツ生姜の味噌汁。

 昨日、帰省。羽田に着いてリムジンバスの乗場へ。風が冷たいので驚いた。

《おんなキャビンクルー【魔婬】》サードステージ執筆。何故か、仕事場で書いてコピーした原稿が、二日ほど消えている。コピーしそこなったらしい。此れは参った。が、取敢えず、其の先から執筆。

 で、今日になり、新たにアイデアが泛ぶ。怪我の功名か。

 昼前ヨガもどき。昨日は行きつけの自然食品の店が定休日で、食材が限られている。灼きビーフンで肚を満たす。

 昨日、已む無く近くのスーパーへより、スプラウト等を買ったのだが、以前から気になっていたのが、神奈川の農家が造った野菜のコーナーがある。数は少ない。何度も買っている。価格はやや高めだが、味は確かに濃い。

 アレはひょっとすると、オーガニック或いは無農薬系ではないかと思い直した。

 所謂《オーガニック・有機野菜》として《JAS》マークの付いたものは、農水省公認の印であるが、実は無農薬ではない。限られた農薬を使っているので、絶対安全とは云えない。しかも、その謳い文句は自然に優しい―である。人間ではなく、土に優しいのだ。何だそりゃ。自然に優しいとか云うのに、ロクなものはないのだ。

 此の辺のカラクリはネットで調べれば、すぐに実態が判る。農家はJASのマークを貰うために、面倒な書類に記入して、さらに毎年公認のために、かなりの金をふんだくられるのである。

 莫迦役人の考えそうなことである。一日も早くこの屑どもを処分して貰いたい―

 しかも、無農薬で造った野菜をそのコーナーに置きたいと云っても、他の農家に迷惑が掛るから出来ないと云われるらしいのだ。

 で、今日の午前中にスーパーの農家を検索。予想通り、出来る限り農薬を使わない野菜を造っているらしい。此れは朗報だった。昨日はキャベツを買った。さらに胡瓜、トマトも買った。完熟したトマトはこの時期としては驚くほど美味かった。値段はそれなりであるが、当然だと思う。

 で、今日はいつもの自然食品の店に寄ってから、再びスーパーに寄ってみた。胡瓜とトマト以外はほうれん草が一つだけ。だから、買った。

 扨ゝ、明日は朝からお伊勢参り。初めての日帰りである。しっかりと雨の予報であるが、神宮の雨はお浄めの印である、らしいのだ。

 此れでシェディングも―

 本日も執筆出来たことに感謝

 惟神霊幸倍坐世

   最新作「おんなキャビンクルー【魔婬】Second Stage 由紀かほるオリジナル・コレクション」

👇

https://www.amazon.co.jp/dp/B09VB2TSY1

既刊&アップデート作は此方から👇

 

飛行機内は未だマスク強制だろうな。が、マスクしてショット済のキャビンクルーさんたち、実はあなたたちが最もヤバイんですよー。だから、近づくないで下さいよ。ドリンク要りませんから。ウロウロしないで、黙って坐っててくれませんか

 皇紀弐阡八百六拾弐五月八日

 七時起床。ヨガもどき。

 酵素玄米。茶殻。藁納豆。長芋。韮生姜味噌汁。鱒。

 シェディング其の後。昨日は夕方に痒み。しかし、寝るまではイベルメクチンを飲まずにいた。理由は単純で、錠剤の残り数があまりないから。元ゝ、万一に備えておこうと云うことで、買ったのが一〇錠。二七〇〇円程。

 もう少し詳しく説明すると、二月からひと月ばかり身内が風邪のような症状。接客業のため、シェディングの可能性は高かった。しかも、辞めておいた方がいいと云ったが、温泉などに行って、其の後から体調が悪くなった。鼻水、咳、発熱。因みに、温泉の前には、ショット三回済の客を相手にしている。其の人は看護師で、

「凄く具合が悪い。辞めておけばよかった、もう二度と打ちたくない」

 と云っていた。

 其れからひと月、生姜、大蒜、玄米、発酵食品等を何時も以上に多く摂取した。ようやく体調が回復―此の時点では、シェディングとは断定出来ずにいた(今もかもしれないが)

 以上のような事情があっての、イベルメクチン購入だった。一〇錠は取敢えず、其れで間に合うだろう、と安易に考えていたせいである。

 わたしが痒みを覚えたのが四月の頭位か。ずっと放置していたのだが、三日前に彼是の情報を元に飲んでみた。結果は此のブログに書いた通りである。

 三日で飲んだのが三錠。昨晩も結局飲まずにいたが、就寝中に痒みはなかった。

 朝、若干の痒みを手と項辺りに覚えている。

経過からすると、痒みは軽減されている。もっと続けて服用すれば、改善されるのかもしれない。

 明日から自宅へ戻る。電車、飛行機、バスに乗る。さらに、週の半ばにはお伊勢参りだ。

またシェディングの可能性が高まる。服用を躊躇っているのは、其のときのための備蓄を考えているためだ。

 昼前ヨガもどき。焼きビーフン。

 此の頃から、項、首の周りに痒み。少し赤く腫れているのが判る。

 其の後、落ち着く。現時点では、三日前のイベルメクチン服用前より、諒かに改善に向っていると云っていい。

 扨、明日以降はどうだろう。

 空港、飛行機内は未だマスク強制だろうな。が、マスクしてショット済のキャビンクルーさんたち、実はあなたたちが最もヤバイんですよー。だから、近づくないで下さいよ。話しかけないで下さいよ。ドリンク要りませんから。ウロウロしないで、黙って坐っててくれませんかあ。

 扨、明日帰省。お伊勢参りと墓参りへ。

 雨もまた良し。

 本日も執筆出来たことに感謝

 惟神霊幸倍坐世

 最新作「おんなキャビンクルー【魔婬】Second Stage 由紀かほるオリジナル・コレクション」

👇

https://www.amazon.co.jp/dp/B09VB2TSY1

既刊&アップデート作は此方から👇

 

売国タローはヴァクシンに就いて、自分が責任を取る―と宣わっていたが、取れるのか。既に死人が出てる。重傷者、後遺症に苦しむ国民が出ている。どう責任を取るつもりか。逃げるなよ。

 皇紀弐阡八百六拾弐五月七日

 七時起床。ヨガもどき。

 酵素玄米。茶殻。藁納豆。韮生姜味噌汁。長芋。大根おろし

《おんなキャビンクルー【魔婬】》サードステージ、執筆。

 早めの昼前ヨガもどき。

 本日は土曜日。半年ぶりに近所のアーケード街で農家の野菜の販売会が開かれる。

「未だ、大したものはないけど」と何時も配達してくれる某農家のご主人が云っていたが、まー、何かあるかなーと一一時前に出掛ける。

 店は未だ数軒のみ。が、何処もオバサンたちが群がっている。菜ばな、韮、山菜、梅干し等をゲット。

 確かに未だ此れからだが、半年ぶりに此の日がやって来たのは、其れだけで嬉しい。

 今年は食糧危機らしい。飼料が手に入らないのは実際ヤバイだろう。国のトップが莫迦だと、こう云う皺寄せが我ゝに来る。其れを未だに支持する莫迦がいるから咲うに咲えない。其れに取って替れる人材も不足。せめて小選挙区制は廃止しろ―と云いたいが。

 シェディング。昨夜、寝る前にイベルメクチンを飲む。御蔭で普通に眠れた。が、きっと今日も時折は痒みに見舞われるだろうな。

 こいつあ、トンデモナイ噺だ。売国タローはヴァクシンに就いて、自分が責任を取る―と宣わっていたが、取れるのか。既に死人が出てる。重傷者、後遺症に苦しむ国民が出ている。どう責任を取るつもりか。逃げるなよ。

 今日買った山菜で天麩羅で一杯やろう。さらにスーパーで買ってきた南蛮海老も一緒に。 本日も執筆出来たことに感謝

 惟神霊幸倍坐世

 最新作「おんなキャビンクルー【魔婬】Second Stage 由紀かほるオリジナル・コレクション」

👇

https://www.amazon.co.jp/dp/B09VB2TSY1

既刊&アップデート作は此方から👇

 

近所の定食屋には行列が出来ていて、入る人、出てくる人、皆マスクだ。店内でもマスクをしながら、食べてたんだろうか。頭ダイジョウブか。ダイジョウブじゃないだろうな。もうイカれてるし、手遅れだと思うぞ。恐らくはほとんどショット済だろうし。免疫力を失くして、ワケーのに寝たきりになるなんて、お気の毒。全部、自業自得だけど。

 皇紀弐阡八百六拾弐五月六日

 七時起床。ヨガもどき。

 酵素玄米。蜆味噌汁。茶殻。藁納豆。長芋。大根おろしとジャコ。

《おんなキャビンクルー【魔婬】》サードステージ執筆。前に戻って、少し手を入れる。

 昨夜、夜一一時頃だったか、寝ようとして俄に痒みが出てくる。此れは―と思い、再びイベルメクチンを飲む。痒みが曳いて、眠れる。

 但し、一度では完全にシェディングから解放されないことが判った。

 そして、今日、昼前に自家製中華麺を造っている頃から、手首に若干の痒みが。

 無視したが、三時頃になって、手首から肘の内側に掛けて、帯状疱疹もどきが顕れる。痒みもあるが、我慢できないほどではない。

イベルメクチンを飲めば収まるだろうが、実はストックが然程ない。今日、新たに注文したが、届くまで二週間近くかかるだろう。

 其の後、痒みが収まり、赤い腫れも曳いた。

 寝る前に痒みが再発したら、飲むことにする。

 昼、連休の僅かな平日。銀行等に行って、彼是と処理を行う。

 本日の気温、二七℃。天気予報では二三℃だったが、大幅に上回った。今年の此方の最高気温だろう。

 で、GWだ。諒かに観光客らしき人たちが歩いている。ほとんどがマスクマン。わずかに若いカップルがノーマスクなのを見た。

 此の気温で、マスク。怠慢な厚労省ですら、外ではマスクを外せと警告しているのに、マスクだ。

 

 まー、勝手にしろ。だが、ノーマスクにいちゃもんつけんじゃねーぞー―とだけは云っておこう。

 汚いバイキンと雑菌、さらにマスク内で増殖したヴァイルスを撒き散らす、まさにオマーラが感染源なんだ。オマーラのせいで、シェディングの被害を被ってるんだ。訴えてやっかなー。生きてれば、の噺だけどな。

 来週は自宅へ戻る。きっとキャビンbabaaどもが、未だマスクを強制してくるんだろうなー。近頃は不作だもんな。社長はよほどの阿呆ヅラだろうなー。

 本日も執筆出来たことに感謝

 惟神霊幸倍坐世

 最新作「おんなキャビンクルー【魔婬】Second Stage 由紀かほるオリジナル・コレクション」

👇

https://www.amazon.co.jp/dp/B09VB2TSY1

既刊&アップデート作は此方から👇